ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ

企業情報トップ > 企業の社会的責任(CSR)|従業員とともに(労働慣行):一人ひとりの能力をひき出す人材育成

印刷用ページ

従業員とともに(労働慣行)

一人ひとりの能力をひき出す人材育成

人材育成の考え方

人材育成の考え方

「OJT」(職場内教育)、「Off JT」(集合研修)、「自己啓発」が、当社の人材育成の3本柱です。
この教育体系のもと、社員一人ひとりが知識及びスキルの習得に励み、業務遂行能力の向上を目指して、積極的に取り組んでいます。

自己啓発支援

当社では「自己啓発」支援に力を注ぎ、スキルアップを通じた「人材(=プロフェッショナル)強化」を目指しています。
その一つの取組みとして、インターネット上に、従業者を対象とした「セディナ人事ポータル」を開設しました。
自己啓発(資格取得・通信講座・eラーニング)の促進プログラムや人事関連情報を提供しています。

公平で公正な人事制度

人事制度

人事制度の基本フレーム当社は、「従業員とともに一人ひとりの人格、価値観を尊重し、チームワークを大切にして、相互成長を図ること」を行動指針のひとつとしています。この指針を受け、従業員一人ひとりが自律した人間に成長し、活躍できるよう、そして会社とともに成長していけるよう、様々な人事施策を展開しています。
人事制度の全体像としては、個人の成長や自己研鑽を適正に判断する仕組みとしての「資格制度」を基礎とし、個人や部門としての仕事の成果や努力を「評価制度」を通じて「報酬制度」により処遇する仕組みとなっています。
「資格制度」については、求められる人材像を明確にした上で、従業員の適性・能力が十分に発揮できるような体系を構築しています。
「評価制度」については、評価者と被評価者のツーウエイコミュニケーションを大切にした透明かつ公正な制度を導入しており、成果や努力が適性に処遇される賃金体系を実現するための「報酬制度」を運営しています。
また、教育体系としても、従業員のレベルに応じた、階層別、部門別、目的別の研修を積極的に実施するとともに、従業員自身のキャリア開発を支援する豊富なメニューを用意して、自律型人材の育成に取り組んでいます。
当社はこれらの制度のバランスの取れた運用により、従業員満足の高い人事制度を目指しています。

表彰制度

会社の業績向上に寄与した従業員に対する「月次表彰」「半期表彰」のほか、秀でた「業績」「発想」「改善」「社会貢献」等企業価値向上に寄与した従業員を対象に、全社表彰である「セディナ社長賞」の表彰を実施しています。

働きやすい職場環境づくり

企業風土の醸成

オフィス清掃

当社は経営理念に「目標を共有し、社員が思う存分に能力を発揮できる、風通しのよい職場をつくること」を掲げており、「従業員が生き生きと行動し、互いに尊重し合う」組織風土の醸成を目指しています。
また、オフィスを大切にすることは人を大切にする心につながり、新たな発見や「気付き」が生まれるとの考えから、従業員全員によるオフィスの清掃を毎週行っています。

適切な労働環境の整備

リフレッシュエリア

従業員一人ひとりが最大限の能力を自律的に発揮できるよう、法令の遵守はもとより、労働時間の短縮、各職場での工夫や業務改革を通じ、適切な労働環境の整備に取り組んでいます。
また、セクシャルハラスメントやパワーハラスメント等の撲滅に向けた取組みを行うとともに、管理職研修等を通じ、適切なコミュニケーションや労務管理が行われるよう継続的に指導しています。

ワークライフバランス

仕事と家庭の生活を両立できる環境の整備に取り組み、従業員一人ひとりが働く喜びと私生活に充実感を得られるよう育児・介護支援等の制度を整備するなど、男女ともに能力を発揮しやすい環境づくりに努めています。

子育て支援制度

次世代認定マーク「くるみん」

女性活躍推進

セディナにおける女性の活躍推進は、男女差なく、従業員一人ひとりが最大限の能力を自律的に発揮できる環境を作ることを目的としています。これまで、所定労働時間の削減への取り組みを始めとした適切な労働環境の整備やワークライフバランス実現の観点から育児介護支援の制度の充実を図るなど、女性の就業継続に繋げてきました。現在は、女性社員の管理職登用を進めるために、ダイバーシティミーティングの開催や教育研修の充実等を通じて全社的な意識の向上に取り組み、更なる女性の活躍を推進しています。

厚生労働大臣からの認定

セディナは、2016年に女性活躍推進法に基づき、「えるぼし」企業として3段階中、2段階目の認定を取得しました。当該認定は、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等の優良な企業が、厚生労働大臣の認定を受けることができる制度です。

えるぼし

女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」

女性管理職比率

2020年度末に女性管理職比率12%を達成することを目標とし、女性のキャリア開発支援の取り組みを進めています。

女性管理職比率

女性管理職比率 7.3%(2017年3月末)
※各年度3月末時点の数字。

平均勤続年数

男性の平均勤続年数に対する女性の平均勤続年数の割合を70%以上の水準を維持することを目標とし、育児介護支援の制度の充実を図るなど、仕事と家庭の両立支援の取り組みを進めています。

平均勤続年数

※各年度3月末時点の数字。

従業員の安全と心身の健康のために

心と体の健康管理

安全・衛生の取組みとしては、労働安全衛生にかかわる法律に則り、各種検診の実施による健康管理、衛生委員会の組成等、従業員の安全・衛生の向上に努めています。
また、メンタルヘルス対策を従業員の健康保持増進の主要な柱と位置づけ、独自のEAP(従業員支援プログラム)を策定し、毎年行う「心の健康診断」により、従業員のストレス状態を把握した上で、自身でストレスを予防・軽減する為の「セルフケア」、管理監督者の行う「ラインによるケア」、事業場内外の専門機関の支援を受ける「スタッフケア」を実施しています。