ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ

企業情報トップ > 企業の社会的責任(CSR)|責任ある経営(組織統治):コーポレート・ガバナンス

印刷用ページ

責任ある経営(組織統治)

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は「すべてのステークホルダーと良好な信頼関係を構築しつつ、誠実かつ公正な精神で『経営理念』を実現することが社会的責任である」と認識しています。当社が「経営理念」および「行動指針」を実現するためにはコーポレート・ガバナンスへの取組の強化・充実が経営上の重要課題であり、そのために内部統制システムの充実が必要です。
当社は「内部統制基本方針」を取締役会で審議決定し、これに基づき、代表取締役社長を議長とする「内部統制委員会」「リスク統制委員会」および「コンプライアンス委員会」を定例開催し、法令遵守や企業倫理の周知徹底を行い、内部統制システムの充実を図っています。

コンプライアンス

コンプライアンスについて

当社は、コンプライアンスを「法令、ガイドライン及び業界団体の自主規制規則及び社内規則等を遵守し、社会規範に則った適正な企業行動を実践すること」と定義しています。
当社は、「経営理念」及び「行動指針」に則ってコンプライアンスを徹底し、収益目標に偏することなく、健全かつ適正な企業活動を行うことを基本方針として、企業活動を実践しています。

コンプライアンス体制

当社グループのコンプライアンス推進の総括責任者は代表取締役社長が務めており、指針を「コンプライアンス宣言」として表明しています。
社長は、自らが議長を務める「内部統制委員会」「リスク統制委員会」および「コンプライアンス委員会」を定例開催した上で、コンプライアンス全般に亘る基本方針、体制等の審議決定や遵守状況の報告を行い、コンプライアンスを当社グループに周知徹底しています。
また、各拠点に「コンプライアンス責任者」「コンプライアンス推進リーダー」を任命し、「行動指針」の趣旨に従ったマネジメントを行っております。

コンプライアンスを徹底するための取り組み

コンプライアンス推進リーダーミーティング

役員、従業員が遵守すべき行動規範として「セディナ・コンプライアンスマニュアル」を制定し、周知徹底しています。
教育では、「セディナ・コンプライアンスマニュアル」に適った行動を実践するために、年間のコンプライアンス教育計画を策定し、毎月全従業員を対象に、「コンプライアンス責任者」「コンプライアンス推進リーダー」が中心となって行う「部店内勉強会」や「eラーニング」での研修を行っています。
また、新入社員入社時研修等の階層別の研修でも必ずコンプライアンス教育を取り入れています。
さらに、役員セミナーや月次で行うコンプライアンス推進リーダーミーティングを通じて、コンプライアンス・マインドの統一及び向上に取り組んでいます。
また、「経営理念」をはじめとする当社の価値観・目標の共有のため、全役員、全従業員に対して「エシックスカード」を配布しています。

内部通報制度

当社は、内部通報制度として、「セディナ・ヘルプライン」を設置して、当社グループの従業者等から、法令や社内規則を逸脱した事態等のコンプライアンス違反行為に関する相談を受け付けています。通報窓口は、相談者が利用しやすいように、社内のほかに社外にも設置しています。「セディナ・ヘルプライン」へ相談が寄せられた場合、相談者に不利益な取扱いがないように通報者保護を徹底した上で、調査・解決を図っています。

セディナ・ヘルプライン運用フロー

緊急時における態勢整備

業務継続計画(BCP)の策定と見直し

当社は、リスク管理を経営の最重要課題の一つと認識し、業務遂行上で予想されるリスクを管理する体制を整備しています。
リスク管理の一環として、大規模地震災害や強毒性インフルエンザの蔓延等により通常の事業活動が中断した場合に備えて事業活動上重要な機能を再開できるように、業務継続計画(BCP)を策定しています。
業務継続計画(BCP)や関連規定・手引は定期的に見直し、最新化することとしています。